風水的にも科学的にもおすすめ!観葉植物でストレスフリーな部屋へ

あわただしい日常や責任のある仕事など、日々の生活はストレスでいっぱいです。せめて自分の部屋でのんびりするときはストレスから開放されたいですね。

そんなストレスのないお部屋に欠かせないのが“みどり”。観葉植物です。

窓際 観葉植物 

その置き場所をひと工夫すると、さらにその効果がアップ!!

ではどのような場所がいいのでしょうか。

TVの出す陰のパワーを消そう!風水的にオススメの場所

のんびりくつろぐリビング。

そこに必ずおいてあるのが、TVやパソコンといった電化製品。自分の時間を楽しむためにも必要不可欠なマストアイテムです。

リビング ソファ テレビ

とはいえ、この電化製品たちは「陰の気」を出すと言われています。お部屋が陰の気に傾きすぎると、その気の影響で元気が出なくなってしまいます。

明日へのパワーを取り戻す意味でも、リビングの陰の気を中和しておきましょう。

そのために活躍するのが、陽の気を出す植物たち。その効果をより高めるオススメな置き場のポイントは下記の2つ。

  • 電子機器の横
  • 床の上

では、それぞれの効果を見ていきましょう。


電子機器の近くの植物で気の中和と吸収を

陰の気を出す電化製品。観葉植物は「陽の気」を出しています。

植物をTVなどの隣に置くことで、陰の気を中和する力をより高めることができます。

陰の気が部屋中に広がる前に打ち消すといったところでしょうか。

加えて、TVの横に置くことでもう1つのプラスの効果があります。それが、

植物を見ることで、植物の「陽の気」を取りこむことができる。です。

陽の気を発している植物を見て意識することで、より積極的に気が体内に入ってきます。意識して植物を見つめなくても、TVの近くに植物を置くとTVを観る時に自然と視界に植物が入ってきます。

TVを観て楽しみながら「陽の気」を取り入れてポジティブに自分を整える。

まさに一石二鳥です。

床に置いた植物から広がる気のパワー

TV台の上にTVと並べて置くことも効果的ですが、

可能ならば少し大きめの鉢物を床に置くほうがより効果的です。

俯瞰 リビングルーム

植物の鉢を直に床に置くことは「運の土台を固める」ことにつながります。

部屋一面に広がる床の上に植物を置くことで、台の上に置くよりも良い運気が部屋中に回ります。まさに陽の気の床暖房。

植物の大きさや種類は関係ありませんので、好きな植物を選んでください。

以上の2点を頭に入れているだけで、風水的により効果のあるいやし空間を作るコトができます。

緑色でリラックス!科学的にも証明された植物のいやし効果

「目が疲れたら遠くの緑を見たらいいよ。」とよく言われました。

遠くを見て目の筋肉をゆるめる意味もさることながら、緑色の木々をみることでリラックスできるよという意味もあるんです。

そんな「いやし」色の植物をお部屋に置く効果は次の通りです。

  • 緑色でリラックス
  • 空気の清浄化
  • 蒸散による加湿効果

植物は光合成や呼吸のため、葉から空気を吸い込んでいます。その時、空気中のホコリはそのまま葉の表面に吸着。

植物を放ったらかしていたら、ギョッとするほどホコリをかぶっている事があります。そのくらい、植物は空気中のホコリを除去してくれているのです。

また蒸散によって、大量の水蒸気を葉から出しています。乾燥している時は植木鉢の土からも水蒸気は出ているので、植物があるとそれだけで空気が潤うのがわかります。

まさに、天然の空気清浄器です。

最後に、電気屋さんに売られている空気清浄器にはない、特別な機能が植物のいやし効果

人は、視界に緑があるだけでホッとします。

より部屋をリラックスできる部屋にするには、

部屋のどこから見ても70%くらいの確率で緑が目に入ってくる部屋にすると効果があります。

大きく広がったリビング・ダイニングでなければ、TVの横にある程度の高さのある植物があるとどこからでも緑が見えると思います。

丈夫な種類の観葉植物を選んで植物の管理もストレスフリーに

ストレスなくリラックスできる部屋をつくるために植物をおいたのに、その植物の元気がなくて「植物のお世話がストレス」になると本末転倒です。

そのためにもどんな環境にも適応できる、じょうぶな植物を選びましょう。

良く目にする植物は比較的丈夫なものが多いです。たとえば

  • パキラ
  • シェフレラ
  • ゴールドクレスト

これらは乾燥にも強く、成長力も旺盛なのでこまめな手入れがなくても大丈夫です。

観葉植物をお部屋に迎えて、ストレスから開放されましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です