初心者にオススメの観葉植物〜暗いリビング

インテリアとしても人気の観葉植物。

葉の色や形もバリエーションが豊富で、どんな植物が部屋に合うか迷いますよね。

 

部屋に光が差しこまない薄暗い環境にあう植物はかぎられています。

その中で初心者でも手入れが簡単でオススメなのは シェフレラです。

シェフレラ 鉢 全体

初心者でも安心、薄暗い室内におくおすすめ観葉植物〜シェフレラ

シェフレラの特徴

  • 耐陰性がある(本来は明るい場所が大好き)
  • 耐寒性がある(東京では冬でも野外で生きのびている株もある)
  • 成長が早く、強い

 

シェフレラは手を広げたようについた丸い葉が特徴の観葉植物です。

シェフレラの葉 アップ

以前はカポックと呼ばれていましたが、最近では本来の名前のシェフレラで出まわっています。

観葉植物の中では1,2を争うくらいポピュラーで、無印用品などでも売っています。

 

植物にとって明るさはとても重要なポイントです。

部屋に置いてみたが、日が経つにつれて元気がなくなっていく。という話しもよく聞きます。

そういう場合のほとんどは、環境があっていません。特に明るさは重要です。

明るすぎる場所には順応できる植物は多いですが、暗い場所に耐えられるかどうかは樹種ごとの特性によります。

がんばっても越えられないカベはどこにでもあるんです。

 

その中で、このシェフレラは直射日光の当たらないような場所でも生きられる植物のうちの1つです。

生きられる部屋の明るさの目安は

遮光ではないカーテンを1日中しめている蛍光灯の明かりメインの部屋の明るさが最低条件です。

これ以上暗い場所(1日中電気もつけないカーテンのしまった部屋など)はムツカシイです。

 

あと、日の当たらない部屋に置く場合は、斑入りはさけましょう

斑入りは白い部分が多いぶん、光合成能力がひくいので緑色の葉の株よりも暗い場所では育ちにくいのです。

斑入り、かわいいんですけどね。。。

斑入りシェフレラ 葉 アップ

 

暗い場所での観葉植物シェフレラの育て方のポイント

育て方のポイント

  • 水をひんぱんにあげない
  • あげる時は大量にあげる
  • エアコンの風が直接あたる場所にはおかない
  • 急に環境(置き場所)をかえない

 

シェフレラはある程度の乾燥にたえる植物です。

日の光がある場所に置いているものでも、夏場1週間に1度の水やりでも問題ありません。

ましてや薄暗い場所では、それ以下で充分です。

乾燥よりも水のあげすぎの方が、よわる可能性が高いです。

心配な場合は、鉢の土に指をさして、乾燥していれば水をあげるようにすれば間違いがありません。

 

また1日中エアコンの風にあたりソヨソヨと葉がゆれる場所は、植物にとってN.G.。

葉からどんどんと水分がうばわれてしまうので、葉がポロポロ落ちてしまう可能性があります。

 

弱ったかと思った時の対処法

気をつけなければいけないのは、

急に日当たりのよい場所などに移動させないコト。

 

根をはった場所で生き続ける植物は、急な環境の変化に対応できません。

暗いところでは、‘暗いところ用の葉’を広げています。

それなのにイキナリ強い光に当てると、葉が日焼けをしてしまいます。

光がたりないと思ったら、少しずつ明るい環境にならしてあげてください。

 

シェフレラとおしゃれに付き合うために

シェフレラは乾燥や日陰に強い丈夫な植物です。

すぐに枯れてしまうことはメッタにありません。

 

少し元気がないなーと思ったら、下のことを確認して対処してください。

  • 水のやりすぎ
  • 風があたる
  • 光がたりない

 

弱っても復活することが多いので、あせらずに対応してください。

 

植物をお部屋におくことは風水的にも良いとされています。

部屋のイメージにあったおしゃれなかざり鉢にいれることで

インテリアとしての効果もあがります。

おしゃれなかざり鉢はあまり店頭で売っていないので

ネットで注文するコトをおすすめします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です