冬の家庭菜園その後〜大根が大根らしくなってきた

とうとう真冬到来ですね。

もう防寒着が手放せません。

 

さて、10月末に植えたマイ家庭菜園の冬野菜たちはどうなっているでしょうか。

 

冬野菜(白菜や大根など)の最適タイムスケジュールを見ると、種蒔き・植付けは9月〜10月となっています。

私が大根のタネをまいたのが10月30日。

ほぼ最適時期が終わっていました。

 

タネまきが遅くなると、

  • 充分成長する前に寒くなるので、霜の害を受けやすい
  • 寒くなると成長がにぶるので、野菜が大きく育たない
  • 大きくなる頃には暖かくなってしまい、冬野菜のメイン、ナベ料理に魅力がなくなる

 

今年は12月あたままで暖かい陽 日が続いたのはラッキーでした。

では、タネまきから1ヶ月半で野菜はどれだけ成長したのでしょうか。

 

1ヶ月半で菜園の野菜はどこまで成長したか

2週間前までは葉っぱだけだった大根。

いつになったら収穫できるのか分からない感じでした。

大根の葉 畑

 

それがタネまきから1ヶ月半後。

大根 白い根 畑 成長

今まで見えなかった白い部分が大きく太ってきました。

とうとう大根らしくなってきました。

タネの袋に「2ヶ月で収穫」と書いてありましたが、まさにその通りになりそうです。

 

大根の収穫目安は

葉が立ち上がり、その葉の先がたれてくる。

 

今のところ葉は大きく広がっているので、収穫はまだまだですね。

今回 根元に肥料をまいておきました。

大きくなあれ〜〜〜。

 

収穫時期をのがすと、スが入ったり割れたりするらしいので(けっこう繊細・・)

これからは大根から目が離せません。

 

白菜やブロッコリーは1ヶ月半でどこまで大きくなったのか

寒くなってきて、鍋がウレシイ季節になりました。

ハクサイは早く収穫したいのですが、どうでしょうか。

 

ハクサイ 畑 成長

ずいぶんハクサイらしくなってきました。

霜よけの寒冷紗のなかでスクスクと育っています。

このハクサイも植え付けから2ヶ月後からが収穫目安です。

 

収穫時期になると

ハクサイの頭をおしてみて、かたくなります。

おしてみると、今でもずいぶんと固くなっています。

年末から年始にかけて収穫ハクサイでの鍋が楽しめそうです。

 

ブロッコリー 花芽

ブロッコリーも花芽が出てきています。

ブロッコリーは放置すると花がさいてしまうので

こちらもよく観察しておかなければ。

 

今回、それぞれの根元に肥料をあげておきました。

次はいよいよ収穫かしら。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です