押し花を年賀状に取り入れてみた

年の瀬がものスゴイ勢いで近づいている事に恐怖すら感じます、こま です。

 

年の瀬といえば年賀状。

年賀状のアイデアにと、郵便局でやっていた「押し花絵葉書教室」なるものに参加してきました。

 

最近では書く人も少なくなってきたそうですが、私はこの年賀状作成が年末の楽しみでもあります。

会う機会が少なくなった友人が送ってきてくれるハガキをみるのもウレシイしね。

 

余談ですが、今年の年賀状のお年玉には『オリンピックのチケット』なるものが出るらしい!!

ちょっとテンションも上がります。

 

では、今回参加した絵葉書作成教室についてお伝えします。

 

押し花を貼り付けた華やかな年賀状

押し花 年賀状 デザイン

今回の教室で作成した押し花を使った扇デザイン。

これを作りました。

 

今回はあらかじめ先生が作っていた押し花から使いたい物を選んで、決められたデザイン上に貼っていくというもの。

扇と着物がありましたが、私はシルバーの扇を選択。

扇型の台紙の上に、押し花をピンセットで配置していきます。

配置し終わったら、花の上から透明のシールを貼って空気を抜きながら押さえます。

そのシールを扇の台紙ごとハガキに貼り付けて完成!!

 

先生が「押し花はセンスがあれば誰にでもできる」と言っていましたが、残念ながら私にはそのセンスがカケラもない。

よくばって詰め込みすぎた結果、ごちゃごちゃした物に。。。く〜〜〜〜〜。

 

でも、本物の花を使っているところがオシャレだし、花の色もキレイに出てるのがステキです。

センスのなさをカバーしてくれている気がします。

 

で、これが先生が作った押し花をシールにしたもの。

このままシールとして使えます。

シール 押し花

イラストみたいでしょ?

これ、全部ホンモノの花なんですよ。

 

こんなにキレイに色が残るなんて知りませんでした。

 

今年の年賀状は、これに決めました。

 

年賀状に使用する色の鮮やかな押し花作り

と言ってもまだ何もしていませんが。

 

キレイな色の押し花を作るために必要な物

専用の『押し花シート』

まずはコレらしい。

ネットで検索するとたくさん販売情報がでてきました。

早速取り寄せてみます。

 

あとは、

鮮やかな色の花

厚みの少ない花

この条件に合うものがイラストのようにみえる押し花に仕上がると予想しています。

 

そのできは、またお伝えします。

年賀状 押し花

 

その後、押し花シートを使って押し花をつくった話しはコチラ

押し花を使ってデザインした華やかな年賀状の作り方

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です