初心者の家庭菜園で冬野菜を植えてみた

こんにちは!

最近ドンドン気温が下がってきました、いよいよ冬本番ですね。

今年始めた家庭菜園。

自分の都合で10月に入ってから植えたんですが、未だにヒョロヒョロでいつになったら収穫できるんだか。

 

今回学んだことは

冬野菜を11月から収穫したければ、

9月中に種蒔き、植え付けを終えておく。

です。

 

初心者が家庭菜園で10月に入って種蒔き、植え付けをした結果

9月はまだ暑く、外に出る気力ゼロでした。

気が向いたのが10月中旬。

苗を買って植えたのは

  • 白菜
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • レタス

種を蒔いたのは

  • ダイコン
  • ゴボウ

種蒔きの適時期は9月〜10月と書いてあったので、何の問題もないと思っていました。

鍋の季節には、高騰する野菜を横目に畑でとれた白菜をふんだんにいれて‥。と、そんな野望もすぐそばだと。

 

10月最終週には無事ダイコンとゴボウが発芽していました。

ダイコン 新芽 畑

コレが10月半ばに種蒔きをして2週間後のダイコン。

 

ゴボウ 新芽 畑コレがゴボウの新芽。

どちらも無事に発芽し、一安心。

 

「葉物野菜の肥料」という名前のお手軽な固形肥料を根元に撒いて、さらに1週間後に様子を見に行きました。

 

ダイコン 新芽 畑

葉が伸びて新しい葉も出始めてますが、気温もググっと下がってきました。

成長速度がドンドン遅くなるような気が。。

近くの畑に植えてあるダイコンは、すでに直径5cmにもなる”ダイコン”部分が土から顔を出していました。

ありり?

もしかして、鍋の季節の収穫があやしいのかな?

と疑問を持ち始めた時に、決定的な事が!

 

野菜の手入れをしていたところに話しかけてくれたベテランマム。

立ち話しの最後に私が

「野菜が高騰しても、この野菜で鍋ができればと思ってー。」

というと、ベテランマムは畑の苗をみて困ったように一言。

「うーん、間に合うかなー。

高騰が落ち着いた頃になりそうだけど」

 

やっぱりですかー。

ウスウス感じてましたけど。

 

マズイ。

このままでは冬のハッピー鍋タイムに間に合わない。

 

冬野菜の植え付け時期の遅れを取り戻すために

植物が育つ要素は

陽の光、温度、水。

冬になると、この適温が不足していくので、温度を確保すれば育ちます。

そこで、オススメしていたのが

ビニールハウス作戦。

 

透明のビニールで野菜を覆って温度を確保、植え付けの遅れを取り戻せるそうです。

今はムシ避けとして、不織布を張っています。これは霜よけとしても活躍してくれるので、このままにしておくだけでもある程度の効果はありそうです。

あと半月、本格的に寒くなった時にまだまた小さいようなら、不織布の上にビニールを被せてみようと思います。

暖かい日が続きますように。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です