初の家庭菜園で学んだ1番重要なこと

ずいぶんと涼しくなってきました。

天候の影響もあって、最近は野菜の高騰が続いています。

そんな事もあり

「時代は自給自足、家庭菜園だ!!」

と思い立ち、この春にてっとり早くベランダでプランター菜園を始めました。

 

上手に育てるために、野菜選びや肥料選びに一所懸命になって

頭から抜けていたのがムシ対策。

でも、これが1番重要でした。

そんな私の初・家庭菜園のお話です。

 

やはりまずは野菜選び。夢が膨らむ楽しい時間です。

初心者におすすめの春植え野菜は

  • ミニトマト
  • ナス
  • キュウリ

とありましたが、全てダンナくんが食べない‥。ガンバって育てても喜ばれるどころかイヤがられそうだし、収穫した物をノルマのように1人で食べる未来が見えたので却下。

 

色々考えて決めたのがコレ。

サニーレタス

 

サラダでよく使うのもあるけど、葉物は値段が高騰しやすいし、なにより楽そうだから。

葉っぱなんて、ほっておいてもドンドン出てきそうでしょ。

 

ベランダでの家庭菜園デビュー

さて、ホームセンターで野菜用培養土サニーレタスの苗を買ってきて植え込み完了。あっと言う間に家庭菜園デビュー。

 

ホームセンターには野菜の種と苗を売っていますが、断然 苗がオススメです。

 

種の方がたくさん入っていて安いのですが

発芽しないリスクを考えて何粒かをまとめて植えるので、

芽が出たあとに間引きをしないといけません。

でも、苗だとこのひと手間がないのがいい!植えた時点で、後は大きく育てるだけです。

 

さてさて私の思惑通り、我が家のサニーレタスちゃん達は放置プレイにもかかわらずスクスクと育っていきました。

本当に時々の水やり以外は何もしませんでした。それでも、小ぶりのレタスになりました。

 

さて、いよいよ収穫の時です。

外側の葉を根元から切り取ってみると、

ん?

んんん?

 

無数の黒い小さな塊が!!

 

アブラムシでしたーーーーーーー。

 

仕事がらアブラムシとは良く対峙しますが、今から食べようとしている自分の野菜で見つけると、そのダメージは破壊的です。

これが樹木なら、殺虫剤を散布してイチコロなのに

口に入るものだから殺虫剤は抵抗が。。。。

せっかくの家庭菜園、無農薬で決めたいじゃないですか。

 

ネットでいろいろ探していると、こんな情報が。

 

アブラムシは牛乳をかけると、呼吸孔が詰まって死ぬ。

 

ふむふむ。

飲む前にも牛乳って言うしネ。これはイケる!!

 

シュッシュッシュ

 

…。

アブラムシに変化なし。

 

ダメだったーーー。残念!

そもそも、呼吸の孔をふさぐには練乳くらいの粘りがいりそうです。

 

あきらめて水に葉をつけてアブラムシを除去、食べる準備をしようとしますが。

水に黒いアブラムシが浮いているのを見ると、

もう食欲が  まったく  といっていいほど      なくなって。。。。

 

それ以来レタスは放置、ベランダでレタスを栽培し

アブラムシを飼うというおそろしい事態に。

 

家庭菜園をムシから守るために

ついたムシを退治するよりも、ムシがつかないようにする。

これが1番です。

 

そのために、不織布で覆う

畑 防虫ネット 家庭菜園

↑これです。

これをやっておけばムシの心配をする必要もないし

安心して食べられます。

 

家庭菜園で、これが1番重要だと感じました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です