木へのダメージが少ない 樹木の剪定適時期

木も生き物です。

葉で栄養分を作って生きているので、その葉を剪定で失う事は木にとって死活問題。

剪定時期を間違えると弱ってしまい、程度によっては枯れてしまう事もあります。

ではいつ剪定をすればいいのか、樹木の生活リズムを知るとおのずとわかってきます。

 

落葉樹の剪定時期〜寝ている間に気付かれないように

まずは見た目でよく分かる落葉樹。

落葉樹とは、寒くなると葉を落とす種類の樹木です。

ヤマボウシやウメ、ハナミズキなどがこのタイプの木です。

 

落葉樹の剪定適時期は、冬場の葉を落とした後

 

それはなぜか。落葉樹の生活史を見てみましょう。

冬場に葉を落とす落葉樹。ではナゼ葉を落とすのか。

 

冬場は太陽の射す時間も短く、その光も弱い。さらに温度が低いので酵素の活性も弱い。

夏場に比べると、光合成能力が下がるんです。

栄養を作る工場の生産能力が冬場は下がる。でも、維持費はかかる。

そこで考えました。

「よし、冬場は工場を閉鎖しよう!!」

そう考えた木は、秋になると工場(葉)から必要な材料を本社(幹)に引き上げて、抜け殻になったボロボロの工場を捨てます。これで、生産はできないけど維持費もかからない。プラス・マイナスゼロです。

そして冬の間はお休み。また温かい春になったら大急ぎで工場を作り、春から秋にかけての半年で必要な栄養を作るのです。

 

剪定の最適時期は、葉という工場を落とした冬場の時期。

木は活動を中止して寝ているし、なにより重要なのは

リカバリーするための栄養が幹に一番詰まっている時期だから

グラフ 落葉樹 体内エネルギー量

 

常緑樹の剪定時期〜苦手な寒い冬には服をたくさん着ていたい

冬の間も葉を茂らせている常緑樹。

一年中葉を付けているので、葉の入れ代わりをしていることに気づく人も少ないでしょう。でも、常緑樹も落葉樹と一緒で、葉の入れ替わりをしています。

 

そんな常緑樹の剪定適時期は 春先。暖かくなってきた頃がおすすめです。

 

では常緑樹はどんな暮らしをしているのでしょう。

常緑樹の葉は落葉樹に比べて厚く丈夫です。

そのりっぱな葉を作るのにはコストも掛かっていて、その分落葉樹の葉よりも稼働率が良いのが自慢。少ない日の光でもしっかりと栄養を作る事ができます。

そのため、寒い冬の間もほそぼそと工場を動かしています。

また、多くの常緑樹は寒いのが苦手。

その寒さから本社(幹や枝)を守るためにも、冬場もワサワサと葉をつけて寒さをガードしています。

そんな常緑樹が工場(葉)を新設するのは十分に暖かくなった梅雨前頃。新しい工場が無事にできた後で、古い工場を閉鎖します。常緑樹の葉がずっとあるのはこのためです。

 

常緑樹の剪定適時期は、新しい工場ができる前。新しい工場を作るためのエネルギーが体内にある時期です。

グラフ 常緑樹 体内エネルギー量

 

剪定適時期よりも剪定NG時期を

樹木には剪定適時期があるように、剪定には向いていない時期もあります。

剪定不適時期にバッサリ切ってしまうと、木が弱ることに直結します。

この時期だけはバッサリと切る剪定はやめてください。

 

●真夏

日がギラギラと照りつける真夏は樹木にとってもツライ時期。

真夏の直射日光が幹に長時間当たると、日光が当たった部分が日焼けをして死んでしまうことがあります。

そんな日焼けを防ぐためにも、真夏に幹が丸見えになるような剪定はやめましょう。

 

●体内のエネルギー量が落ちている時

落葉樹と常緑樹で時期は違いますが、新しい葉を広げた直後は体内エネルギーがスッカラカン。そんな時期の剪定は、木へのダメージが大きい。

すぐに枯れる事はないにしても、木にムリをさせるのでやめてあげましょう。

 

●常緑樹の真冬剪定

先にも書きましたが、寒さの苦手な常緑樹を冬場に剪定すると枝が枯れる事があります。

木が風邪をひくといいますが、クスノキなどは顕著に見られます。

寒くなってからの剪定は多くの枝を枯らす原因になることもあるので、注意が必要です。

 

木の特性を理解して、木にダメージの少ない剪定をすることで、健康な木を維持してください。

 

Follow me!

木へのダメージが少ない 樹木の剪定適時期” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です