まずは剪定の基本・コツを学びましょう

ひみき剪定とは、年々大きくなる樹木の大きさを維持しつつ自然な形に見せること。

混んだ枝を透かし風通しをよくすることで、病気やムシの発生を防ぐこと。

人の生活する場所に植えられた樹木には必要不可欠な手入れ、それが剪定です。

剪定の技術次第で、将来的な樹木の価値が変わってきます。

では、どういう剪定がいいのでしょう。

 

頭にいれておくべき剪定の基本

剪定をする際に頭に入れておいてほしい事は大きく下記の2つです。

 

基本のない剪定

木の形が悪い

愛着が持てない

さらにザツな剪定

不恰好な邪魔な木

伐採

こんな悲しい流れにならないように、きちんとした手入れをしてあげましょう。

 

小さい枝を大切に。が剪定の基本

枝の途中から出ている枝(ふところ枝)を切らない。

枝の中間から出ている小枝は、将来 樹形を作る枝になる”見習いくん”です。この枝を切ってしまうと、将来自然樹形を維持することができなくなります。スッキリさせるために切りたくなりますが、ここはぐっとがまんです。

剪定後に枝の先っぽだけに葉を残しているだけの姿になっている場合は、この事を頭に入れて切ってみてください。

 

枝には必ず先端が残してあると自然に見える

どの枝も同じラインでバシバシ切ってしまう、刈り込みのような剪定。

太い枝の切り口で枝が終わってしまうと、どうしても切った感満載の木になってしまいます。

加えて、風に枝がそよそよ揺れる自然樹形とは異なる風貌に。

ハサミを入れるのは、枝の分岐部分。

分岐部分の太い枝をチョキン。これだけで、今までよりも一回り小さいサイズになるはず。

剪定後の木が、幹から同じ大きさの枝がピンピン出ている、丸太ん棒にたくさんの枝が刺さっているような樹形になってしまう人は、この事を頭に入れておきましょう。

 

剪定のコツを学ぶおすすめ書籍

木の剪定のポイントはどの樹木も同じです。

あとは、木によって剪定に良い時期や成長速度、枝の伸び方を考えて切っていきます。

基本を学ぶのにおすすめな書籍はコレ。

本 剪定 表紙

峰岸正樹さんの庭木の自然風剪定。

造園をはじめたばかりの人にも是非読んでほしい本です。

 

キレイな剪定では、ずっとキレイな樹形、心地よい大きさが維持できます。

木とのハッピーな暮らしのためにも、剪定の基本を知ってください。

自分ではムリだ。と思うなら、プロの庭師さんに声をかけるのも良いと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です