暗いお部屋におすすめの観葉植物

お部屋に植物を置きたい。

でも部屋が暗くて植物なんて置けないとあきらめている。

そんな方におすすめの植物をご紹介します。

それがシェフレラ

耐陰性にとても優れた、場所を選ばない植物です。

 

観葉植物の数ある種類の中でも耐陰性の強い植物

植物は光を葉に受けて、生きるエネルギーを作っています。

私たちはボーと寝ているだけでもエネルギーを消費します。息をしたり心臓を動かしたりと、生きるために必要な活動が『基礎代謝』。

食べることでエネルギーを取っていますが、基礎代謝分のエネルギー以下だと次第にやせて弱っていきます。

それは植物も一緒です。光を受けて作るエネルギーよりも基礎代謝分が大きいと、葉を落とし弱っていきます。

そのため植物にとって、日の光が当たることはとても重要です。

植物の種類によって、最低限必要な光の量が違います。

その違いで、必要な明るさが決まってきます。

直射日光の当たらない部屋でも比較的大丈夫な植物をお探しなら

おすすめがこのシェフレラ

インドアグリーン シェフレラ 観葉植物

放射状に広げた葉が印象的な観葉植物です。

 

耐陰性があるといっても、一日中真っ暗な部屋では育ちません。

最悪でも、カーテンから光がもれ蛍光灯がついている環境が必要です。

シェフレラが育たない環境なら、観葉植物は諦めた方がいいです。

 

手間いらずでインテリアとして最適

シェフレラの葉

耐陰性もあり乾燥にも強いシェフレラは、メンテナンスも簡単です。

あまり水をあげすぎると、かえって根を腐らせてしまいますので要注意。

水やりの仕方は、

土が乾燥したら大量にあげる。のが基本。

少しずつ毎日あげると、ずっと土が湿った状態となり

根が酸素を吸えずに腐っていってしまうのです。

水が1週間なくても生きられますが、酸素がないとすぐに死んでしまいます。

このへんも動物と一緒ですね。

夏場でも1週間に一度、冬場なら1ヶ月に一度程度でも大丈夫です。

特に日が直接当たらない部屋では、水の消費量も少ないはず。

初めのうちは土の乾き具合を見ながら水やり頻度を決めてください。

土に人差し指を突きさせば、土が乾いているか湿っているか

すぐに分かります。

 

風水的にも観葉植物はおすすめ

部屋に植物があるというのは、風水的にもおすすめ。

植物は気の流れを良くしてくれると言われていますので、部屋の角にでも幸運を呼ぶインテリアとして置いてあげてください。

長い間観葉植物を置いていると、葉の上にホコリがのってしまいます。これは空気中のホコリが葉の上に積もったもの。見た目にも光合成の効率的にも良くないので、時々濡れ布巾で拭いてあげてください。

ピカピカにしている方が、運気もアップする事でしょう。

 

いろいろな種類があるシェフレラ

シェフレラにもいろいろな種類があります。

黄色い斑がはいるものもあれば、葉が丸っこいものもあります。

斑入りものもは、お部屋がより明るく見えます。

斑入り シェフレラ 葉アップ

 

また大きな観葉植物をホームセンターに買いに行くと

持ち帰るのが一苦労。特に車のない都会では大変です。

そんな時はネットで注文するのも手です。

特に飾り鉢がついているのが、ネット購入のいいところ。

ぜみ探してみてください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です