お庭の手入れをお願いするのはドコがお得?作業内容からベストチョイスの選択。

お庭に樹木があったり雑草が生え続けたりすると、どうしても自分たちで手入れをするには限界があります。しかも相手は生き物なので、エンドレスに続く悩み。

だれかにお願いしたいけど、誰に頼むのが1番良いのか分からない。

お金も気になるし、安かろう悪かろうでも困る。

1番お得なのは(料金的にも技術的にも)“お願いする内容に適した会社を選ぶ”こと。では、自分のお庭の手入れはどこに頼むのがお得なのか。

作業内容とその作業にベストな業者をまとめてみました。

参考にどうぞ。

お金 イメージ

お願いするお庭の手入れ内容と業者・料金の最適な組み合わせ

お庭の手入れと一言でいっても、剪定・草刈り・刈込みとその内容はさまざまです。では、自分のお庭のお手入れは、どこに頼むのが1番なのか見ていきましょう。

お願いしたいお庭のお手入れは

  • 高木剪定をふくめた手入れ全般
  • 高木を含めた手入れ全般や庭の改修相談
  • 除草だけの簡単な手入れのみ

上のうち、1番当てはまるのはどれでしょうか。

その作業内容とお願いする会社を、コスト・技術の両方からみて1番良い組み合わせをまとめてみました。

1、高木剪定を含めた手入れ&大掛かりな改修相談など=造園会社

2、お庭のお手入れ=造園業者または町の植木屋さん

3、除草・清掃のみの手入れ=町の植木屋さんまたはシルバー人材さん

かかるお手入れ料金は

大きな造園会社 >  町の植木屋さん > シルバー人材さん

の順に安くなっています。もちろん、料金の分だけ造園技術や知識も違ってきます。

→シルバーさんについて詳しく書いた「お庭手入れを頼むシルバー人材さんに困らない方法〜植木屋とは全く別物ですよ」をどうぞ

シルバー人材さんはともかく、造園屋さんはどうやって探せばいいのかわかりませんよね。

そんな時、相談にのってくれるのが役所の公園課です。「庭の手入れをしてくれる造園会社を探している」と相談すれば、教えてくれるはずです。

どの会社も見積もりはタダでやってくれるので、ガンガンお願いしてみましょう。

仮にそこの会社の料金が高すぎた場合は、今度はその会社に「安くやってくれる植木屋」を聞いてみてください。

大きな造園会社さんはたくさんの業者さんとつながりがあり、技術も知っていますので間違いないと思います。

何事もその道のプロに聞くのが1番です。

庭の手入れ料金を安く抑えるコツは頼む時期

お庭のお手入れ料金は、できるだけ安くおさえたい。

そんな時はお願いする時期を変えると、格安で仕事を受けてくれるかもしれません。

それは、ズバリ閑散期

ネコ 暇 寝ている ベンチ

地域によって違いますが、関東では1月から5月ごろまでは比較的仕事が少ないので、金額の相談をしやすくオススメの時期です。

逆に6月から12月までは忙しくネコの手も借りたい状態なので料金も高くなりがちです。

高木剪定だけならば閑散期に依頼することも可能だと思いますので、参考にしてみてください。

造園業界を悩ませる最近の個人のお庭事情

東京ではここ最近 大きなお庭のあるお屋敷が取り壊されて、そこに数件の建売住宅が建つとこが多くなってきました。そこに植えてあるのは玄関前の小さなシンボルツリー1本だけということもザラです。

さらに、お庭を楽しんでいた親世代から息子さん世代に管理が変わると庭にお金はかけられないと思う方が多いようで、庭を潰して車庫にしたりお金のかかる高い木が切られたりという事が多い気がします。

庭がないと植木屋はいらないので、仕事がなくなってしまうのではないか心配です。

地域性がでる庭の手入れの金額交渉

お金といえば、お手入れの金額を提示すると

「高いわよー。もう少し安くできないの」と大抵言われます。

どこの地域でも同じようで、同業で集まった時に

どこも大変だねー。と話していたところ

大阪で仕事をしている人が

「負けて〜なんていいよー。こっちは庭を下見に行った時に”で、2万でどんだけできるん?”やで」

だって。

さすが大阪のおばちゃん。

有無を言わさぬ交渉術!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です